<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
明日より3月
  本日28日、
早いもので今日で2月も終わり。

 いちばんのオフを超えて
3月スタートといきたいところだが、
なかなか厳しいのが現状。

 しかしここのところ小さいことから
少しずつ改革を積み重ね
ぼんやりだが灯りが見えてきた感じがする。

 来月から変わることもたくさんあるだけに
それがどんな反響を生むかも期待している。

 初心にかえり挑戦者の思いで
この逆境を楽しみたい。 
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-28 21:04 | 仕事
日帰り旅行がぼちぼち
 雪の心配が薄れたせいか
日帰りのお客様の予約がぼちぼち動き出した。

 つるやでは昼・夜・0泊2食に
料理のバラエティもとても豊富。
3月からはメニュに
上州麦豚のポトフが新メニューとして登場予定。

 先日試食したのだがこれは絶品。

 調理場のシフトを考慮しつつ、
甌穴カフェにも限定メニューで導入を考えている。

 乞うご期待。
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-24 21:32 |
春近し
 ここ最近急に暖かくなってきて
道の雪もほぼ融けてしまった。

 山には若干雪が残るものの、
これからは大雪の心配も大丈夫。

 インターネットでの雪見の写真は引っ込めて
そろそろ春の季節の写真に衣代わりする予定。

 春休みが近いせいか
徐々にだがお客様の予約も動き出した。

 このまま順調にこの厳しい冬を脱して
みんなが楽しむ暖かい季節が来て欲しい。

 
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-22 17:50 | 日々の出来事
おやじバンドフェス
 音泉温楽に続いて
7月2日おやじバンドフェステカバルが
四万温泉で開催されることが決定。

 下記が募集要項、窓口はFMぐんまの予定。

 平均年齢30歳以上で、コピー曲(完コピ、アレンジ、モノマネ)
を演奏できる“オヤジバンド"。
ベンチャーズ、ビートルズから、タイガース、スパイダース、サ
ザン、ユーミン、達郎など、ジャンル、演奏スタイルは問いませ
ん(カラオケ不可)。
性別不問。人数規定なし。インスト可。

 これも過去の大会から考慮すると
かなり大きなイベントになるとの見通し。

 今年の四万温泉は
大きなイベントが目白押しである。
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-18 23:33 |
ブログ更新
 昨日地元の宴会にて
大先輩よりブログ更新の件にて

「もっとまじめに取り組むように」

とご指導をいただいた。

 確かにご指摘のように
書かない日が多いと自分でも思う。

 ひとつだけ言い訳をすると
ブログの引越しをしてから反応が鈍くなり
とてもストレスのある環境になってしまい
よけいにさぼってしまっている状態。

 心気一転また引越し場所を探し、
以前のように頻繁の更新を心がけたい。
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-16 23:09 | 日々の出来事
新しくなる温泉協会
  本日四万温泉協会にて、
来年度予算化予定の改装について
設計士の先生、町の担当者、
協会職員と打ち合わせをした。

 四万温泉の窓口だけに
イメージが大切。

 今日の現地調査をもとに
これからたたき台ができ
みんなで知恵をしぼる予定である。

 少ない予算でより効果が
でるように最善を尽くしたい。
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-09 22:20 | 仕事
音泉温楽決定
 本日理事会承認を経て
5月14日夜桜祭りにあわせて
「四万温泉 音泉温楽」開催決定した。

 まだ出演者の名前は出せないが
若いかたを中心にかなり人気のある方ばかりという。

 今月中旬には公式発表その後
チケット販売の予定。

 四万温泉の今年の目玉のひとつである
このイベントの反響がとても楽しみである。
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-08 22:39 | 仕事
名前の由来
 当館の名前の由来をまとめてみたので
ご紹介したい。

  京都本能寺を本山とする法華宗のお寺、
  薬王寺の宿坊として1965年に
  本能寺の鶴紋から名をとり「鶴の坊」創設。
  その後「つるや旅館」となり温泉旅館として独立。

  1995年けもの道のすぐ近くに展望露天風呂位置することから、
  「鹿覗きの湯 つるや旅館」になる。
 
  2010年四万温泉の発祥になる由緒正しい源泉「御夢想の湯」を引湯し、
  四万温泉でもまれな効能豊かな4つの源泉による混合泉を
  「キセキの湯」と名づけ、

 宿名を「鹿覗キセキの湯 つるや」とした。

 この短い館名の中に当館の50年の歴史が
凝縮されているといっても過言ではない。
[PR]
by shima-tsuruya | 2011-02-01 00:00 | 仕事